強力なツール

MACD
相場の強弱を把握 根拠のあるトレードに

MACDは相場の強弱を表示できるオシレーター系インジケーター!

変動の大きな相場の場合に特に機能する便利なツールです。

取引に慣れてきた方や、これからFXを始める初心者の方にもオススメです。


MACDイメージ

MACDとは

スキャルピングメインイメージ

MACDとは「短期」「中長期 」の移動平均線2本の差にシグナルと呼ばれる移動平均線を足した指標です。

2本の移動平均線が交差したタイミングを利用して相場を判別します。

MACDは「Moving Average Convergence Divergence(移動平均収束拡散法)」の略です。呼び方はマックディーです。

MT4/MT5での表示方法

MACDをMT4/MT5に表示PCイメージ

挿入(I)から「インジケーター」→「MACD」をクリック

MACDの設定画面が表示

  1. 短期EMA: 12
  2. 長期EMA: 26
  3. シグナル: 9

MACDはデフォルトのまま使うのが一般的です。色の設定はパラメーターから変更が可能です。

また、シグナルは9を基準として、数値が小さいほどサインが発生するようになりますが、「だまし」が増えるので注意しましょう。

逆に数値が大きくいほど売買サインが発生しなくなります。

活用方法

MACD活用方法イメージ

MACDは、2つのラインが交差するタイミングや位置を元に相場の強弱をを把握できるオシレーター系インジケーターです。

エントリー①

「順張り」の買い

MACDでは「0」より上の場合、上昇相場と判別して「順張り」の買いでエントリーします。

エントリー②

「順張り」の売り

逆に「0」より下の場合は下降相場と判別して「順張り」の売りでエントリーします。

注意点

MACD注意点イメージ

MACDは、値動きの変動が小さい相場の場合はうまく機能しません。

しかし、「ストキャスティクス」インジケーターを併せて使用することで、MACDを有効に活用することができます。

ストキャスティクスはトレンドが発生していないレンジ相場で「売られすぎ」もしくは「買われすぎ」を判別することができる「逆張り」の指標です。

相場でストキャスティクスを併せて使用することは、シグナルの発生回数が減ることになりますが、精度が高くなるのでおすすめです。

ストキャスティクスに関する詳しい記事は、下記のページをご覧ください。

ストキャスティクスに関する記事はこちら

まとめ:MACD

MACDまとめイメージ

MACDは、2つの移動平均線とその差の移動平均線を加えた2本のラインで構成されたチャートの下枠に表示される人気の高いオシレーター系インジケーターです。

MACDは相場の強弱を確実に把握できるため、動向をいち早くキャッチできます。

しかし、値幅の変動が大きい相場でのみ機能する場合が多いので注意が必要です。

「MACD」を今まで取引に利用してこなかった方や、これからFXを始めようとしている初心者FXトレーダーはこの機会に「MACD」を是非とも活用してみましょう。

XMでMACDを駆使して、年収アップを目指しましょう。

口座の開設は下記のリンクから

参考リンク

簡単FXトレード  『MACDについて』ページ

XM公式ホームページ 『リアル取引口座を開設する』

MACDも常にチャートに私は表示するようにしています。

設定はいじらずに、デフォルトでの表示ですが「ダマシ」に合わないようにストキャスティクスも併用しています。

コンテンツにも記述がありますが、ストキャスティクスの併用は必須だと思っています。

精度の高い取引を心がけるためにもMACDを利用することは、利益の積み上げに一役買うことはもちろん、根拠のあるエントリーや利確の頻度が増すと思います。



オススメの記事

スキャルピングイメージ

ゴールドで儲ける

ゴールド取引

スキャルピング相性抜群
XAUUSDはトレンド

記事を読む
XMで仮想通貨取引イメージ

レバレッジ最大250倍

XMで仮想通貨取引

待望の仮想通貨取引が再開!
手数料がなんと無料

記事を読む
MACDイメージ

相場の強弱を把握

MACD

より根拠のあるトレードスタイル
2本の移動平均線を活用

記事を読む

知っていると便利

取引シグナルイメージ

10の金融商品のシグナル

取引シグナル

XMなら無料で提供
意外に知らない

記事を読む
無料ウェビナーイメージ

コンテンツがテンコ盛り

無料ウェビナー

初心者トレーダー向け
学んで攻略

記事を読む
ウェブトレーダーイメージ

MT4/MT5要らず

ウェブトレーダー

お使いのブラウザで取引
PC/MacどちらでもOK

記事を読む